読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life w/ music.

主食:音楽。特に煩いやつ。

35xxxv Deluxe Editionについて。

9月25日、ONE OK ROCKの北米デビューを受けて35xxxvの別バージョンが全世界同時発売をキメました。いや〜めでたい。

全曲、全歌詞英詞で新曲が二曲入ってましたね。
 
日本は逆輸入の形で販売されてたせいか、あたしはタワーレコードさんで1500円+税で買えました。
新曲二曲のために買ったようなものだけど、シングルと同じくらいの値段だし、既存のアルバム曲も歌詞が違うし録り直してるだろうからまあこの値段ならいいかな〜と思い購入。
 
ほんとは買う気なかったけど。
 
ノーマルver.の35xxxvもそんなに好きじゃなかったし、値段がこれ以上高かったらたぶん買ってなかった。
 
 
そんでもって聴きましたけども。
 
まあまず言いたいのはなぜ全編英詞にする必要があったのか。
え、だって英語にする必要あるんですか?() 確かに海外に向けて発売するわけだから聞く人は英語圏の人が多いんだろうけど、だからって英詞にする必要どこにあったんだろうっていう。
外タレが日本デビューした時に日本向けにCDを売るときに日本の昔の曲のカバーとかセルフカバーとかすることはあっても、歌詞が日本語になってることはまずないと思うのよ。K−POPとかは別だけど。
なんだろう、いいじゃん日本語で。まぁ逆を言えば全部ごっそり歌詞を置き換えられるくらいには歌詞に思い入れがないというか、言葉に重きをおいてないってことなんだろうけど。
 
このアルバムについてはいろいろと思うところがありすぎて話し始めると止まらないから怖くてあんまり外化してなかったけど、このデラックスエディションが出て、新曲を聴いて、どうも腑に落ちなくてもやもやが増したので、このもやもやをどうにか解消したいと思い、文字を打ってる次第です。
 
 
まず、あたしがワンオクを聴くようになったところから話しますね ウーワーこれめちゃくちゃ長くなるな、まぁいいや。
我が家にはBOSEのスピーカー(本格的なやつ)がありまして、常にデスクトップと繋がってて、iTunesからいろーんな曲が流れてるような家です。
ロック、パンク、ポップス、EDM、クラシックなどなんでも流れてます。
まさに、「NO MUSIC,NO LIFE」を体現したような親なのです。
家でゲッダが流れてる時に友達と電話してたら、「お前の家はクラブか。」と言われたことがあったな。
まぁそんな感じだから家族はみんなCDを買ってきてはパソコンに入れ、スピーカーで流すってことを日常的にしていて、ワンオクはその流れの中で初めて聞きました。
確かNicheだったかな。完全感覚は聞いたことあるなくらいだったけど、あたしが衝撃を受けたのはじぶんROCKでした。
あの最初の入り方、歌詞、ドラム、リフ、全てに衝撃を受けたのを今でも覚えてます。
 
「なんじゃこりゃ!!!!!!!かっけぇ!!!!!」
 
素直に、そう思いました。
 
これがワンオクを聴くようになった最初のきっかけ。
こうやってバンドを好きになるんだな〜(今更何を)
その日から狂ったようにひたすらじぶんROCKと完全感覚を聞きまくる日々を送ってました。素人ながらにギターのリフを聴いて今のこの部分のギター好きだな、とか、ここのこの歌詞かっこいいなとか。そういうことを考えながらずーーーーっと聴いてた。
 
 
そうやってきて、2015年。発売されたアルバムを聴いた感想は正直、「なんでこうなったの。」でした。だったら聴くなよ!ってOORerさん()たちに怒られそうだけど、この国は思想の自由を憲法で保障してくれているので続けます。
 
ツアーも行ったけどね。楽しかったよ、ほんとに。
 
CDで聞くより生で聴いた方がいいなんてことはバンドだったら当たり前のことで、そうじゃなかったらそれこそ大問題だと思うわけです。
 
ツアー三回行って、追加公演も入りました。
それでも昔みたいに35xxxvの曲を狂ったみたいに聞き続けることは未だに一回もしてないし、リピートボタンも押したことがない。
どこかこのアルバムはそういう魅力に欠けてるんだと思うのです。
初めて聴いた時も今までみたいな衝撃がない。じぶんROCKを聴いた時の衝撃とか、アンサイズニアを聴いた時の鳥肌とか、ONION!の頭から離れなくなる感じとか、そういうのが一切なかった。
 
けど、そんなアルバムを出してTakaは、今自分たちが日本で一番のバンドであると自負してると言う。自分たちが一番かっこいいって思えるようになったと言う。
 
音は確実に変わった。ノリも。ギターとドラムが、ギターとベースが重なるようなところがあって、音に厚みを出そうとしてるのもわかる。ドラムが前に出てきていて、ギターは後ろから支えるような、そんな感じ。
海外向け、というかアメリカっぽさを前面に出したようなアルバム。
 
でも、それだけ。
誰が聞いても「ワンオクだ!!!」ってなるあの感じはないし、永遠リピートしたくなる中毒性も、一度聞いたら頭から離れなくなるあの衝撃も、このアルバムにはない。
 
あたしは人生×僕=がアルバムの中で一番好きです。
あれは、本人たちも言ってたけど、アルバムとして出すことの意味を考えてある。1曲目のインストから最後のボーナストラックまで、シャッフルせずに聴きたい一枚。
流れができてるし、アルバムとしての統一感がある。から好き。
 
35xxxvにはそれもないような気がするんだよな〜〜〜。なんか、曲順通りに聞く必要がないというか。ぶつ切りで聴いてもあんまり違いがない。
 
 
35xxxvが微妙、っていう意見がチラホラ上がる中で、だったら聴くなよとかワンオクらしさがないって何?!そんなのメンバーに失礼でしょ!!とかそんなことを言う人がいっっっぱいいて。
 
なにそれ。って感じです。
 
つくづくワンオクファンには勘違いしてる人が多すぎるな、と。
じゃああんたらは ONE OK ROCK の名義で出されたものすべてにかっこいいって評価をつけるの?ワンオクのやること全部かっこいいって?TAKAがかっこいいって言ったものは全部かっこいいの?もうかっこいいの定義ってなに???(迷走)
 
音楽はそういうものじゃないと個人的に思います。
そもそも音楽って人の好みが顕著に分かれるものだし、だからこそこんなに多様なジャンルが生まれてるわけで。
好きな曲はなんですかって質問を100人にしたら100曲出てきてもおかしくないと思う。
 
何が言いたいかというと、ワンオクが好きだからってワンオクのもの全てをかっこいいって言う必要はないんじゃないかということ。
disれってわけじゃないけどさ、微妙だな、って思ったら素直にそう言っても良くないですか?
 
例えばYouTubeでよく議論のネタになる「ワンオクらしさ」。
これもたぶんワンオク聞いてる人によって答えが全然違ってくると思う。つまり正しい答えはない。ということはこのネタで言い合いするのは泥沼なのでやめましょう。見ててもいい気しないし、「まーたワンオクのファンがやってるよ。」って思われるだけじゃない?
 
 あたしにとってのワンオクらしさは、泥臭さかな。あとは一度聞いたら頭から離れなくなるあのなんとも言えない衝撃。
泥臭さで一番象徴的なのはBEAM OF LIGHT。このアルバム好きなんだよな〜〜。
 
ワンオクは歌詞に重きをおくバンドじゃないのはわかる。
例えば(ここで引き合いに出すとなんか色んなところから非難されそうだけどいいや。)RADWIMPSとかは歌詞が凄い。とにかく凄い。野田さん高学歴だしね。
日本詞の歌がほとんど。
 
日本語って複雑で、意味は一緒なのに言い方が何通りもあるなんてことはざらにあって。
 でもそこがいいところなんじゃないかな。細かいニュアンスが伝えられるじゃん。
だからワンオクの日本語が入ってる曲があたしは好きです。
TAKAは高学歴じゃないけど、ワンオクの曲にある日本語の歌詞は、着飾ってなくて、必死で、ちょっとカッコ悪くて、でも夢とか希望とか未来が感じられて、よし。明日からまた頑張ろう。って思わせてくれるから。
 
 
んで、話を戻すと。たとえばラッドの日本語の歌詞の曲を英語に書き換えてください。って言った時にそれができるかって言ったら多分できないと思うんだよ。
物理的にはできるだろうけど、英詞にした時に野田さんが伝えたかったことが伝わるか考えたらまたそれは別の話になると思うのです。
こんなこと言ったらじゃあ日本語わからない人には伝わらないじゃん。って思う人もいるかもしれないけど、論点はそこじゃなくてですね。
 
もともと日本語の入ってる部分が少なかったのもあるのかもしれないけど、わざわざ日本語にしてた部分を全部英語に変えられちゃうくらいだったんだなって。
別にじゃあそこわざわざ日本語にしなくたってよかったじゃん。って、そう思っちゃったわけです。
 
なんか、69を聴いた時、ワンオクっていいな。って思ったのを思い出したな。
TAKAの伝えたいことがストレートに伝わってきて。
 
そりゃ英語はこの世界の第一言語なのかもしれないけど、あたしは日本人だし、ワンオクだって日本のバンドだし。母国語は同じ日本語じゃん!!!
アメリカ行くからって母国語が変わるわけじゃないし、日本のバンドに変わりはないし。だったら、言語を変える必要なんてなかったんじゃないかなって思うのです。
 
日本のバンドとしてアメリカで勝負するんでしょ?
 曲調を現地の人にウケるようにして、その上言語まで変えて。日本のエモバンド、ONE OK ROCKとして世界に出てるようにはとても思えなくて、モヤモヤ。
アメリカで売れるためにアメリカっぽくしたんじゃ、アメリカの人たちからしたら「俺らの国の音楽に憧れてる日本のバンド」としか思われないんじゃないのかなって。
 
前のワンオクが好き。って言ったらそれまでだしだったら聴くなよ、って言われるかもしれないけど、でもあんなかっこいい曲を生み出してきた人たちなんだからまた何か凄いものを見せてくれるかもしれない。ていう期待も捨てきれなくて。
 
 
新曲2曲も少し期待してはいたけど、ん〜〜〜。なんだろう、ほんとに何がしたいのかなって。俺らはこんな曲もできるんだぜ、っていうことなのかな。こんなこと言ったらほんとに後ろから刺されそうだけど、わざわざワンオクがやらなくても別のバンドがやっても同じようになっちゃうんじゃないかなって印象。
 
これがワンオクらしさがないってことなのかね。一度聞いただけでワンオクってわかるような曲もそうなのかもしれないけど、他のバンドが歌うんじゃ意味がない。ワンオクが歌うからこの曲はいいんだ、って思う曲も「らしさ」なのかもしれないなぁ。
 
 
もうそろそろWOWOWで35xxxvツアーが放送されるからここら辺でおしまいにします。
 
一つ言いたいのは35xxxvってアルバムが嫌いなわけじゃなくて、こんなにも何と比較するわけでもなくただ決められたルールみたいにワンオクが出したものに対して五つ星つける人が多すぎることと、ちょっとでもそれにそぐわない意見・感想を言った人に対して一方的な言葉を投げつける人がいることに疑問を持っただけです。
 
いろんな人がいるんだからさ、いろんな感じ方があっていいと思うんだよね。
恋ピクとか聴いてから35xxxvの曲聴くとちょっぴり悲しくなるのはきっとあたしだけじゃないと思う。ので、同じように考えてる人がいたら声かけてください。()
 
これからどんなものを見せてくれるのか楽しみだからこれからも追っかけるけどさ。

35xxxv deluxe editionがアメリカでどう評価されるのか。
身体に気をつけて、無事に帰って来てください。
たまには日本のことも思い出してね。




結局、外に行っちゃうのが寂しいだけなのかもしれないけど、目標に向かって頑張る四人を見てあたしも明日からまた頑張ります。


ブログ、はじめました。


なんだか最近長文を打つことが多くなったせいか、140文字には収めきれなくなってきて、Twitterがやけに使いにくくなりました。


ぷらいべいったーとか、なんかそこら辺の拡張アプリ的なものをずっと使ってて、そんなことするならブログに書けよってフォロワーの皆さんは思ってたことでしょう。

なので、一念発起してようやくブログを立ち上げました。続くかな。


俗に言う、「熱しやすく冷めやすい」性格のせいで大体のものは中途半端に終わるこのわたしが!どこまで続けられるか。そこが一番の見所ですかね。


とりあえず何書けばいいのかわからないので自己紹介でもしようかな。

女です。好きなものは音楽で、イヤホン忘れた日には死人のような顔になります。カバンに常に予備のイヤホンを入れてるような奴です。

よく聞くのはロックとかエモいのとか。EDMもちょこちょこと。雑食気味で、浅いです。

バンド名出すのあれかなと思ったけどこの先ライブ行くたびに更新されるだろうこのブログでどの道ばれるわ、と思ったので出します。

ONE OK ROCK。有名ですね〜〜() 今たぶん1番ライブには行ってるかな。所謂本命というやつ。

Fall Out Boy。パンスプ行ったよ!!ワンマン行ったよ!!!!っていう感じ。

あとはまあそこら辺のを満遍なくですね。

MWAM、ブルエン、RAD、グドモ、米津さん、SiM、WANIMA、リンキン、にっけるばっく、フーバス、etc...(順不同)

あとはaikoとかPerfumeとかも聴きます。

EDMはZeddとかあびーちとか、かるびんやらげっだとか有名どころを聞きますつまりミーハー。


と、まあこんな具合で、音楽を聴き、行きたいフェスがあれば行き、ワンマンライブがあればチケットをもぎ取り飛んでく というそういう日々が送りたくて今しがた勉学に励んでいる専門学生です。早く働きたい。


次のライブの予定が立ってないのでそろそろ手が震えて来る頃ですが、そういや10月頭にラッドの当落があったね〜〜当たれ〜〜〜私が倍率上げてるっていう自覚はあるけど行きたいんだよ当たれ〜〜〜()

ラッドガチ勢の人たちが見ているなら聞きたい。FC枠がない中であなた方は一体何名義かけて応募しているのですか、と。

バンドとかグループによって複数名義ダメとか多ステありえないとかあると思いますが、バンドは比較的そういうことに煩くないイメージなのでわたしとしては生き易い世界だなと。

嵐とかだとすごい叩かれるじゃん。多ステとか複数名義って。

でもさ、まあオクとかダフ屋を肯定するわけじゃないけど、行きたいからそれ相応のお金を払ってることの何がいけないのかって思っちゃうな。そりゃ最初はなんだよ、って思ったけど、いろんな話聞いたり見たりしてるうちにそんなのはただの僻みだって気づきました。ペンネーム五年間相葉担を名乗っていた者より。()

話が逸れましたけれども、そんなこんなで当たれば11月25日わたしは横浜アリーナにいることでしょう。

それが終わると年末フェスが!!!!今年こそ行くぞ!!!!レディクレかcdjか。

誰が出るのかな〜今年は。楽しみでなりませんね。



とにかく、そんな感じで(どんな感じ)ゆるゆる〜っと自分の思ってることとか考えてることを書いていこうかなと思ってます。

今日はWOWOWで35xxxvの放送があるよ〜〜ヤッターーー!我が家はWOWOW加入してるので見れます。見れない方はきっとYouTubeとかデイリーモーション辺りに上がるのでそれを待ちましょう。待てる人はDVDの発売を待つのがいいと思います。観れる人はあの感動を思い出しましょう。


またいろんなことを思うんだろうな。ブログのネタになりそう。()